うちの院の向かいのビルの地下にキックボクシングジムがあります。

RIKIX 二階から

うちの院の窓から見える、向かいのビルです。

 

地下といっても半地下なので、近くまで行くと地上から練習の様子がチラチラと垣間見れます。

RIKIX 看板

この通りは夜赤く光ってるのはちょうちんが多いですが、ここは違います。

 

気候が暖かくなってくると窓を開けて練習するのでしょう、トレーニングの音がよくきこえてきます。

こっちも気候がよければエアコンではなく窓を開けて換気するので、さらによくきこえてきます。

ミットを打ちこむ「バシンッ、バシンッ!」という音や、打込むときの気合の「エイッ、エイッ!」という男たちの声がけっこうなボリュームできこえてくるんです。

RIKIX 入口

ここがRIKIXへ通じる入口です。階段にぶら下がったミニサンドバッグが来る者を品定めしているようです。

 

ここで院を開業することになり、いざ開業して、きこえてくる男たちのあらあらしい音に気付いたときは正直どうしたものかと思いましたが、今はすっかり慣れてしまいました。

人間って順応するようにできています。

最近はその音や声を聞きながら 「今日は元気ないな」 とか 「いつもより気合入ってるな」 とか思うようになりました。

いつもの時間に何もきこえてこないと「どうしたんだろう…」と逆に心配してしまうほどです(笑)

まあ、これだけよくきこえるのは春や秋の時期だけで、夏や冬は窓をしめてエアコンをかけてしまうので、季節の音みたいなもんですね。

初めて院にいらっしゃるみなさん、いい汗をかいている男たちの音や声をききながら受ける施術もなかなかいいもんですよ(笑)

期間限定ですから。