年末ですね、鈴木です。

先日、初滑りに行ってきました。

そこそこ雪も積もっていて、慣らしにはちょうどいい感じでした。

初滑り スキー

このあと降り始めてしまったので、まだ晴れてるときのゴンドラからの一枚。

 

今回行ったメンバーの中に、スキーの指導員もご一緒でした。

おかげで、ありがたいダメ出しをたくさんいただきました。

言われた中で最も多く出てきたワードが『股関節』でした。

 「股関節からフォールラインに向けて」

 「股関節で角付けを微調整して」

 「股関節で谷足に乗って」

 ・・・

股関節づくしでした。

 

スキーは硬いブーツで足が板に固定されているため、足の可動域がかなり制限されます。

そんな条件の中で、板をコントロールして雪面を走らせなくてはいけません。

身動きのとりづらい足と胴体のジョイントである股関節を最大限に駆使し、重力と遠心力を利用して板に効率的に圧をかけていくのがスキーです。

つまり、『股関節を制する者がスキーが制す』ということです。(飛躍しすぎ?)

足が固定されているスキーやスノーボードでは、股関節にいかにうまく使えるか、がとっても重要なのです。

スキーシーズンが始まりますが、あなたの股関節の調子はいかがですか?

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 がんこな肩こりや長引く腰の痛み、慢性疲労でお悩みなら、
 東急大井町線/目黒線の大岡山駅から歩いて5分の
 カイロプラクティック・整体・マッサージ
 『のぼると整体院』へ!

  http://noboruto-seitai.tokyo/
 電話:03-6421-4066
 住所:東京都大田区北千束1-62-1-2F
  ⇒ のぼると整体院の口コミを見る
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~